よりよいまちへの「引き継ぎ」とその「架け橋」を

★DSC_9325
小さなワクワクが集まって、まちが大きく変わりはじめる!「第3回リノベーションスクール@岡崎」レポート

実際に存在する空間や空き物件をテーマに事業を提案する実践型スクール「第3回リノベーションスクール@岡崎」が2017年12月1日〜3日の3日間、岡崎のまちなかで開催されました。

開校式の様子
開校式の様子

 

今回は、岡崎市内外から集まった15人の受講生たちが、「籠田公園近くの駐車場群」、「連尺通り沿いのビル」を対象とする2つのユニットに分かれ、3日間かけて本気で実現可能な事業を立案。日本全国でまちづくりに関わる先駆者の講話も聞きながら、聞き取りやフィールドワーク、ユニットワーク(話し合い)を通して事業内容をブラッシュアップし、最終日の公開プレゼンテーションで発表しました。

フィールドワーク
まちなかでフィールドワーク

 

さまざまな角度から対象物件を調査
さまざまな角度から対象物件を調査

 

物件をくまなく見学し、気づいたことをメモ!
対象物件の内部もくまなく見学

 

スクールの会場は、第1回リノベーションスクールの受講生が惣菜屋を営む wagamama house 、アウトドアオフィスという新しい働き方を提案する 株式会社スノーピークビジネスソリューションズ のシェアオフィス、康生通り沿いの春ビルという3か所を使用しました。

スノーピークビジネスソリューションズのシェアオフィスにてユニットワーク
スノーピークビジネスソリューションズのシェアオフィスにてユニットワーク

 

東京R不動産の吉里裕也さんによるプレゼンテーション(ライブアクト)
wagamamahouseにて、東京R不動産の吉里裕也さんによるプレゼンテーション(ライブアクト)

 

最終日に春ビルで行われた公開プレゼンテーションには、内田市長や今回の題材となった物件を提供いただいたオーナーも来場。50人を超える観客が訪れ、会場は熱気に包まれました。

公開プレゼンテーションにはたくさんの観客が
公開プレゼンテーションには50人を超える観客で満員に

 

以下、プレゼンテーションの内容をレポートします。

***

ユニットAに与えられたテーマは、「小間切れに存在する駐車場の新しい活用方法を発明せよ!」。対象になったのは、籠田公園近くにある、6名のオーナーによって区分けされた駐車場群でした。

受講生がその場所を訪れると、「区分けされたエリアが壁で仕切られていて車が止めにくいし、スペースがもったいない」という課題が見えてきました。さらに、まちの人の声や路線価、周囲の歴史なども調査する中で、「この場所はQuruwaや二十七曲りに面したすごくいい立地。主要な道に面した部分を活用して、人のにぎわいをまちに見せることはできないか…」と考えました。

ユニットAのプレゼンテーション
ユニットAによるプレゼンテーションの様子

 

そこで、駐車場群をリノベーションする家守会社を立ち上げることを提案。まず各オーナーから駐車場を一括で借り上げ、壁を取り払い、より効率のいい駐車スペースを確保。効率化によって生まれた余白で、道沿いに個性的な屋台を出店することを提案しました。屋台に関しては、「楽器のレンタルスペース」「カフェスタンド」「昼寝スペース」など、具体的なアイデアが挙がりました。

「私たちがやります!」と力強く宣言!
「私たちがやります!」と力強く宣言!

 

日本初!?の「駐車場の家守会社」という提案に、講師陣は「今すぐやってほしい」と絶賛。この場所で成功すれば、日本各地にも展開できるアイデアだと評価されました。

***

次に発表したユニットBの対象物件は、連尺通りにあるビル。狭い間口に対して奥に25mあり、路面に面した店舗空間と小さな居室が7室ある、魅力的な建物です。この場所で、1Fをカフェに、2F・3Fをホテルへリノベーションすることを提案しました。

ホテルの設計図を詳細に説明
ホテルの設計図を詳細に説明

 

背景には「岡崎市内には、若者が宿泊したくなるような『面白いホテル』がない」という、今回の受講生である19歳の大学生の意見が。市内のホテルの稼働率や価格帯も調査したうえで、差別化をはかったユニークなホテルのアイデアを発表しました。

等身大の大学生の目線から、鋭い発言が飛び出しました
等身大の大学生の目線から、鋭い発言が飛び出しました

 

ホテルの部屋は、「キャンピングルーム」「ジャズルーム」「ウッドルーム」など、岡崎市内の名物や企業とコラボレーションして作り上げていくとのこと。

さらに、この建物は細い小路にも面しています。この通りを「裏Quruwa」と名付け、建物を通り抜けて小路へ行くことも可能に。そこから宿泊とあわせて岡崎のディープスポットを巡る体験も楽しめるという、ワクワクするストーリーがありました。

ワクワクする宿泊体験ができるはず
個性的な居室空間と「裏Quruwa」巡りを提案

 

講師陣からは、「現状の事業計画だとイニシャルコストが高いので、いかに抑えるかが重要」という指摘も。また「誰がやるのか」という問いに関しては、「ここに住みながら管理していく」という意思のある受講生が手を挙げました。

リノベーションまちづくりに取り組む清水義次さんをはじめとした講師陣によるフィードバック
リノベーションまちづくりに取り組む清水義次さんをはじめとした講師陣によるフィードバック

 

***

プレゼンテーション後の閉校式では、内田康宏岡崎市長から、ねぎらいの言葉と共に「ぜひ実現してほしい」というコメントがありました。

岡崎市長
内田康宏岡崎市長

 

15人の受講生による熱量でまちの温度が少し上がったような、そんな3日間でした。このスクールを通して生まれた出会いが、またまちを変えていく予感がします。

参加者の集合写真。みんないい笑顔です
参加者の集合写真。みんないい笑顔です

 

第2回リノベーションスクールのレポートはこちら

前田智恵美

前田 智恵美(まえだ ちえみ)

1984年、宮城県石巻市生まれ。ライター。東京のIT企業でWEB広告営業、WEBディレクターとして勤務後、結婚を機に夫の地元である愛知県岡崎市へ。自動車部品メーカー広報、出版社の新規事業立ち上げ・編集を経てフリーに。「QURUWA」の周辺に住んでいます。

こんな記事もみられています

DSC_8387DSC_8387QURUWAアクション
『建築雑誌』に地方都市プロジェクトとしておとがわプロジェクトが取り上げられました
殿橋にて殿橋にてかわまちづくり
『あたらしい「路上」のつくり方』に殿橋テラスが事例として紹介されました
20180321_258_1280x45120180321_258_1280x451かわまちづくり
プロジェクト開始から3年、今必要とされていることは。乙川リバーフロントフォーラム「動き出す、QURUWA」レポート