よりよいまちへの「引き継ぎ」とその「架け橋」を

まちの紹介|乙川沿いの並木道

改】乙川沿い|DSC_0027

名鉄電車で名古屋から岡崎に向かう途中に窓から見える乙川。

乙川には、散歩をする人、川岸でおしゃべりする人、サイクリングする人など、普段からたくさんの岡崎市民が訪れる場所です。また、春には桜祭り、夏には花火大会など、岡崎の大きなイベントの会場でもあります。

そんな乙川の並木道は、緑と風が気持ち良く、のんびり歩きたい気分になります。春には菜の花や桜が咲き、とっておきのフォトスポットにもなります。また、乙川の並木道から見える線路と夕焼けの景色は、どこかノスタルジックな気持ちにさせてくれますよ。(夏目怜奈)

 

こんな記事もみられています

殿橋にて殿橋にてかわまちづくり
『あたらしい「路上」のつくり方』に殿橋テラスが事例として紹介されました
20180321_258_1280x45120180321_258_1280x451かわまちづくり
プロジェクト開始から3年、今必要とされていることは。乙川リバーフロントフォーラム「動き出す、QURUWA」レポート
DSC_1359_切り抜きDSC_1359_切り抜きQURUWAアクション
「アウトドアリビングな風景をつくろう!」第5弾&第6弾@りぶら北側芝生広場レポート/ヨガに読書…、芝生の上ってこんなに楽しい!