よりよいまちへの「引き継ぎ」とその「架け橋」を

まちの紹介|乙川沿いの並木道

改】乙川沿い|DSC_0027

名鉄電車で名古屋から岡崎に向かう途中に窓から見える乙川。

乙川には、散歩をする人、川岸でおしゃべりする人、サイクリングする人など、普段からたくさんの岡崎市民が訪れる場所です。また、春には桜祭り、夏には花火大会など、岡崎の大きなイベントの会場でもあります。

そんな乙川の並木道は、緑と風が気持ち良く、のんびり歩きたい気分になります。春には菜の花や桜が咲き、とっておきのフォトスポットにもなります。また、乙川の並木道から見える線路と夕焼けの景色は、どこかノスタルジックな気持ちにさせてくれますよ。(夏目怜奈)

 

こんな記事もみられています

01_20180917_20701_20180917_207QURUWAアクション
道路と駐車場の使い方が変わることでまちがどのように変わるのか、QURUWAシンポジウム「暮らしを豊かにするまちの使い方最前線」が開催されました
PNB_ハンバーガーPNB_ハンバーガーかわまちづくり
11月のおとがワ!ンダーランドのプログラム情報をアップ。岡崎城下家康公秋まつりに参加します
「ここで何をして遊べるかな?」「ここで何をして遊べるかな?」QURUWAアクション
【終了しました】2020年の完成に向けて、新しい「橋」と「通り」の模型が岡崎市内の各所を巡回中!名称・愛称も募集しています