よりよいまちへの「引き継ぎ」とその「架け橋」を

まちの紹介|岡ビル百貨店

改】岡ビル百貨店|DSC_0030(1)

昭和にトリップできそうな、まちの玄関口の駅ビル。

昭和33年創業、東京タワーと同い年の駅ビル。2階を中心に、喫茶店や洋食屋、装飾具や本、日用品を売る店、美容・医療関係の店と昭和の雰囲気を感じるお店が入店しています。

ビルのロゴから、エントランスの装飾、案内看板など、至る所に当時の面影を残すものが残っているのも大きな特徴で、思わず写真に納めたくなります。

また、3階の大きな空き空間を活かして、あいちトリエンナーレでは大型造形物の展示も行われていました。

駅前の開発や老朽化に伴う建て壊しの案が何年も前から出ており、いつ見納めになってもおかしくないのが寂しい限りです。(山崎翔子)

【データ】
住所 :岡崎市明大寺本町4-70
電話: 0564-22-5143
営業時間: 9:30〜20:00
休み: 第1、第3水曜以外の水曜日

 

こんな記事もみられています

「ここで何をして遊べるかな?」「ここで何をして遊べるかな?」QURUWAアクション
2020年の完成に向けて、新しい「橋」と「通り」の模型が岡崎市内の各所を巡回中!名称・愛称も募集しています
SUPSUPかわまちづくり
9月のおとがワ!ンダーランドのプログラム情報をアップ。SUPの登録制の特別プランがはじまります
籠田公園から(仮称)乙川人道橋籠田公園から(仮称)乙川人道橋
未来の地図やガイドブックに載るかも!?岡崎の中心部の「橋の名称」と「通りの愛称」を一緒に考えてみませんか?