よりよいまちへの「引き継ぎ」とその「架け橋」を

まちの紹介|岡ビル百貨店

改】岡ビル百貨店|DSC_0030(1)

昭和にトリップできそうな、まちの玄関口の駅ビル。

昭和33年創業、東京タワーと同い年の駅ビル。2階を中心に、喫茶店や洋食屋、装飾具や本、日用品を売る店、美容・医療関係の店と昭和の雰囲気を感じるお店が入店しています。

ビルのロゴから、エントランスの装飾、案内看板など、至る所に当時の面影を残すものが残っているのも大きな特徴で、思わず写真に納めたくなります。

また、3階の大きな空き空間を活かして、あいちトリエンナーレでは大型造形物の展示も行われていました。

駅前の開発や老朽化に伴う建て壊しの案が何年も前から出ており、いつ見納めになってもおかしくないのが寂しい限りです。(山崎翔子)

【データ】
住所 :岡崎市明大寺本町4-70
電話: 0564-22-5143
営業時間: 9:30〜20:00
休み: 第1、第3水曜以外の水曜日

 

こんな記事もみられています

DSC_8362DSC_8362
『ローカルメディアの仕事術』にローカルメディアQが紹介されました
DSC_8387DSC_8387QURUWAアクション
『建築雑誌』に地方都市プロジェクトとしておとがわプロジェクトが取り上げられました
殿橋にて殿橋にてかわまちづくり
『あたらしい「路上」のつくり方』に殿橋テラスが事例として紹介されました