よりよいまちへの「引き継ぎ」とその「架け橋」を

社会実験「めぐる、QURUWA」パンフレット完成!

10月28日開催の「めぐる、QURUWA」のパンフレットが完成しました!

MeguruQuruwa_パンフレット
パンフレットはまちを巡るのにぴったりのサイズ感

 

【「めぐる、QURUWA」って何?】
岡崎城跡の「総曲輪(そうぐるわ)」内にある公共空間で、暮らしのつくり手による「やってみたい」、「楽しみたい」が集まる、まちの使いこなし方の社会実験です。

10月28日は、岡崎の未来のいち日をのぞく日。
みなさんと一緒に、このまちの未来の風景をつくりたい。
そのような時間をより多くの方と一緒に過ごしたい!楽しみたい!

と「招待状」をつくるような想いでパンフレットを作成しました。

 

【どこで手に入るの?】
明日9月30日にりぶらで開催する、「乙川リバーフロントフォーラム2017」で配布を開始します!
フォーラムの詳細はこちらから。

10月1日以降、まちのいろいろな場所で配布をしていきますので、ぜひ見かけた際には手に取ってみてくださいね。

加納 実久

加納 実久(かのう みく)

1986年、愛知県豊田市生まれ。岡崎の高校を卒業後、大学で上京。就職後は東京、日光での会社員生活を経て、2013年より宮城県石巻市で地域事業者のブランディング、まちに親しむイベントや情報発信に携わる。石巻で地元に対しアクションを起こす高校生や仲間の姿に触発され、2017年6月にUターン。高校時代を過ごした岡崎のまちに再び通う日々を始めました。

こんな記事もみられています

投票により決定します!投票により決定します!
締切り間近!橋の名称と通りの愛称を投票で決定します!2月1日(金)まで!
8A6E2AAE-E422-4730-9E04-16B70E6EED6E8A6E2AAE-E422-4730-9E04-16B70E6EED6EQURUWAアクション
「通り」に出てみたら、まちと暮らしはどう変わる?「生活社会実験 連尺通り編」レポート
DSC_0232DSC_0232QURUWAアクション
歩くのが楽しい康生通りを目指して。新しい道路空間の活用を考える「グッとくるわ社会実験」レポート