よりよいまちへの「引き継ぎ」とその「架け橋」を

まちの紹介|Masayoshi suzuki gallery

改】Masayoshi Suzuki Gallery|DSC_0019

気骨のある作家作品を見ることができる、アート空間。

来年10周年を迎える、西三河では数少ない現代美術ギャラリー。

約15年間コレクターとして現代美術と親しんで来たオーナーがオープンした場所は、元は運送会社のビル。トラックが積み荷を上げ下ろしする倉庫として利用されていたそう。コンクリート打ちっぱなしの空間は天井も高く、白く塗られた壁と相まって、とてもモダンな印象です。

立体、絵画、写真、映像やインスタレーション、インテリアやプロダクトと形式は問わず、オーナーのセレクションによる作品が紹介されています。

年6回のペースで展示と周年展を開催しており、過去の展示は作家紹介やプレスリリースと共に丁寧に紹介されているので、見逃した今までの展示の様子も知ることができます。(山崎翔子)

【データ】
住所: 岡崎市康生通南3-20
電話: 0564-28-1317
営業時間: 12:00〜19:00
休み: 火曜、水曜
URL
http://www.masayoshisuzukigallery.com
https://m.facebook.com/MasayoshiSuzukiGallery/?locale2=ja_JP

 

こんな記事もみられています

「ここで何をして遊べるかな?」「ここで何をして遊べるかな?」QURUWAアクション
2020年の完成に向けて、新しい「橋」と「通り」の模型が岡崎市内の各所を巡回中!名称・愛称も募集しています
SUPSUPかわまちづくり
9月のおとがワ!ンダーランドのプログラム情報をアップ。SUPの登録制の特別プランがはじまります
籠田公園から(仮称)乙川人道橋籠田公園から(仮称)乙川人道橋
未来の地図やガイドブックに載るかも!?岡崎の中心部の「橋の名称」と「通りの愛称」を一緒に考えてみませんか?