よりよいまちへの「引き継ぎ」とその「架け橋」を

まちの紹介|伊賀川

伊賀川|DSC_0999

日常の中の非日常

伊賀川沿いを歩いているといろんな景色が見えてきます。

住宅街、伊賀八幡宮、通学路、川辺、リブラに岡崎城、乙川……。

 

伊賀川は、乙川沿いにも負けない桜の名所でした。
しかし、岡崎ゲリラ豪雨で川が氾濫、市民が悲しむ中、桜の伐採も行われ、以前のような桜並木は見られなくなりました。
今現在まだ、小さい桜の木が植えられています。
以前のような桜並木になるまでは時間がかかりますが、時間をかけて育つといいなと思います。桜の伐採の裏には周辺住民の命を守る“決断”がある、そんな川です。

伊賀川沿いを歩いていると
川の水を身近に感じられ、遊具があり、川で遊ぶ家族がいて、
あっという間にリブラにつき、
あっという間に岡崎城まで歩き、
あっという間に乙川の合流地点に行くことができます。

街中を流れる川だからこそ、日常の中の非日常を演出してくれる不思議な空間です。
何も考えず、ぼーっとできて、心が癒されるそんな場所です。(海藤 綾花)

こんな記事もみられています

投票により決定します!投票により決定します!
締切り間近!橋の名称と通りの愛称を投票で決定します!2月1日(金)まで!
8A6E2AAE-E422-4730-9E04-16B70E6EED6E8A6E2AAE-E422-4730-9E04-16B70E6EED6EQURUWAアクション
「通り」に出てみたら、まちと暮らしはどう変わる?「生活社会実験 連尺通り編」レポート
DSC_0232DSC_0232QURUWAアクション
歩くのが楽しい康生通りを目指して。新しい道路空間の活用を考える「グッとくるわ社会実験」レポート