よりよいまちへの「引き継ぎ」とその「架け橋」を

まちの紹介|ニ七市

16779734_757529974422747_213180735_n[1]

コミュニケーションも楽しめる朝市

毎月下一桁の数字が2と7のつく日に開催される朝市で、戦後の闇市がもとのため、60年以上の歴史があります。

現在も岡崎市内のみならず、遠方から露天商がやってきて、青果や鮮魚・干物、味噌や練り物、乾物などの食料品や、切り花、衣類も販売しています。

道の両側に並ぶ、色々なお店を見て回り、ただ購入するだけでも楽しいのですが、せっかくなのでお店の方に声をかけてみてください。おすすめや保存方法、調理方法など、直接買えるからこそ知れることが沢山あるイベントです。(山崎翔子)

【データ】
住所: 岡崎市本町3丁目交差点~八幡町3丁目交差点
電話: 0564-22-3290(事務所 開催時間のみ)
営業時間: 9:00〜12:00頃まで
休み: 開催日である毎月2日、7日、12日、17日、22日、22日以外
雨天中止

タグ
#朝市 #歴史 #コミュニケーション #買い物

こんな記事もみられています

「ここで何をして遊べるかな?」「ここで何をして遊べるかな?」QURUWAアクション
2020年の完成に向けて、新しい「橋」と「通り」の模型が岡崎市内の各所を巡回中!名称・愛称も募集しています
SUPSUPかわまちづくり
9月のおとがワ!ンダーランドのプログラム情報をアップ。SUPの登録制の特別プランがはじまります
籠田公園から(仮称)乙川人道橋籠田公園から(仮称)乙川人道橋
未来の地図やガイドブックに載るかも!?岡崎の中心部の「橋の名称」と「通りの愛称」を一緒に考えてみませんか?