よりよいまちへの「引き継ぎ」とその「架け橋」を

『あたらしい「路上」のつくり方』に殿橋テラスが事例として紹介されました

2018年4月27日に発売された『あたらしい「路上」のつくり方——実践者に聞く屋外公共空間の活用ノウハウ』におとがわプロジェクトと殿橋テラスが事例として紹介されています。

あたらしい「路上」のつくり方
殿橋にて

 

ローカルメディアのつくりかた』などの著作で知られる編集者影山裕樹さんによる編・著で、殿橋テラスの事例は、おとがわプロジェクトに深く関わっていただいている建築家/リサーチャーの榊原充大さんによる寄稿です。

「殿橋テラスはなんで殿橋の橋詰でやることになったの?」「許可を取るためにどんなことをしないといけなかったの?」「様々な困難をどうやってくぐり抜けてきたの?」などなどの疑問に答えてくれるテキストです。現場で奮闘したNPO法人まち育てセンター・りたの天野さんや事業者として殿橋テラスで「パーラーニューポートビーチ」を運営した「California Parlor – Quiet Village」オーナー川浦素詳さんの言葉を交えながら、くわしく書かれています。

この本は、「実践者に聞く屋外公共空間の活用ノウハウ」がサブタイトルになっている通り、世代を超えて引き継がれた長野県諏訪郡原村の野外上映、岡崎市の籠田公園でも行われたアウトドア・ウェディング、京阪電車・中之島駅のホーム酒場、まいまい京都というまち歩きツアー、地域にとけ込む野外フェスとして豊田の「橋の下世界音楽祭」や東京の自由が丘の「Erection-Block Party-」、海外からは香港の路上実践などが事例として紹介されています。

事例のほかにも「屋外イベントを成功させる行政手続きの心得」として、屋外でイベントをするにはどのように許可を取ればいいのかをTipsとしても紹介しています。

おとがわプロジェクトでも積極的に行っている公共空間の利活用について、全国でも様々な取り組みがされていることを本書を通して多くの人に知ってもらえたらうれしいです。

t_yamada

山田 拓生(やまだ たくお)

1979年、愛知県名古屋市生まれ。デザインリサーチャー。名古屋のWeb制作会社に勤務後、「おとがわプロジェクト」に関わりたくてNPO法人岡崎まち育てセンター・りたへ。主に「おとがわプロジェクト」を伝える業務を担当。岡崎では色々あって「てっちゃん」というあだ名で呼ばれています。二児の父。

こんな記事もみられています

20180321_258_1280x45120180321_258_1280x451かわまちづくり
プロジェクト開始から3年、今必要とされていることは。乙川リバーフロントフォーラム「動き出す、QURUWA」レポート
DSC_1359_切り抜きDSC_1359_切り抜きQURUWAアクション
「アウトドアリビングな風景をつくろう!」第5弾&第6弾@りぶら北側芝生広場レポート/ヨガに読書…、芝生の上ってこんなに楽しい!
DSC_1121DSC_1121QURUWAアクション
「アウトドアリビングな風景をつくろう!」第4弾!「クイズラリー編」レポート/図書館を飛び出して、楽しいクイズに挑戦!