82566c99-65df-4bcd-b298-d344cf494bed1024qpm_banner
【終了しました】岡崎のまちなかのイメージについて、話してみませんか?11/3 (祝) 19:00-20:30 @りぶらホール

 

「岡崎のまちなかのイメージについて話してみる会」を開催します。

岡崎のイメージってなんでしょう?歴史?八丁味噌?
あなたにとっての岡崎のイメージはどんなものですか?

岡崎というまちの”これから”を考えるときに、このまちが“これまで”どんなイメージだったのか、そして”これから”どうなるといいのか、をみんなで考えてみたいと思います。まちの将来像を考えるためにも、まずは一緒に現在・過去のまちのイメージについてお話ししてみましょう。

そして、いま変わりつつあるこのまちで、近い将来、あなたはどんな暮らしをしていますか。このまちのイメージを考える先に、あなたの暮らしの未来を描くきっかけをここから見つけていきましょう。

[ 概要 ]

岡崎のまちなかのイメージについて話してみる会
– QURUWAパブリックミーティング –

日時:2016年11月3日(木・祝)19:00-20:30
場所:図書館交流プラザ りぶら
住所:愛知県岡崎市康生通西4丁目71
参加:無料(事前予約不要)
定員:50名
対象:おとがわプロジェクトのことをまだ詳しく知らない方々
プログラム:
《第一部|これからの岡崎》
昨年度からはじまった「おとがわプロジェクト」と「主要回遊動線 QURUWA (くるわ)」について。

《第二部|グループトーク「まちのイメージ」》
ガイドブックやいわゆる観光案内パンフレットには取り上げられない岡崎の意外な魅力探し。

《第三部|個別ワーク「自分はどういう関わり方ができるか?」》
自分と岡崎のこれからについて考えてみる。

このイベントに応募する

shimosato

下里 杏奈(しもさと あんな)

1993年、愛知県岡崎市生まれ。ちょうど「QURUWA」にあたる乙川河川敷でジョギングをしたり、受験生時代にりぶらに通ったりなどをして育つ。東京の大学で建築を学び、卒業後「おとがわプロジェクト」に携わるため再び岡崎市へ戻る。親しみのある地元で、日々奮闘中。

こんな記事もみられています

18452774_949584955178270_1733248250_oQURUWAアクション
岡崎のありのままの日常や魅力がつまったフリーペーパー『ローカルメディアQ』配り始めました!
20170129_228 (1)観光まちづくり
地域に雇用を生み出す観光産業の作り方、「第2回「新しい観光産業[尾道編]」、ゲスト:出原正直」レポート
伊賀川|DSC_0999
まちの紹介|伊賀川