おとがわプロジェクト

よりよいまちへの「引き継ぎ」とその「架け橋」を

14955974_1779890852259903_7159273460573824461_n
【終了しました】はじめてのライター・フォトテクニック講座 受講者募集【1月16日 開講】

『よりよいまちへの「引き継ぎ」とその「架け橋」を』を目指して始まったおとがわプロジェクトでは、愛知県岡崎市での暮らしと公共の未来をデザインする挑戦をしてきました。2016年、新たに始まるウェブサイトやローカルメディアでは、このまちの魅力的な暮らし方・働き方を実践する人びとの活動や彼らと関わりの深い場所を取材し、まちのことをより広い人たちに伝えていきます。

 そんななか、「自分自身の活動を自ら伝えたい!」とプロジェクト参加者から声があがるようになってきました。いろいろな人にプロジェクトやまちの情報を発信する取り組みにぜひ協力してもらいたいと思いつつも、残念ながら、岡崎市で人によりよく伝える文章を書くことや写真の撮り方について学ぶ機会が少ないのが現状です。

 そこで、元『greenz』副編集長であり、現在はコミュニティデザインマガジン『マチノコト』理事兼ライター、またスタートアップシーンを伝えるウェブマガジン『THE BRIGDE』の立ち上げなどに携わる『アイデンティティ名古屋』発起人モリジュンヤさんを講師に迎え「はじめてのライター・フォトテクニック講座」を開催することにしました。ただ上手に文章を書く、写真を撮るだけではなく、プロジェクトを立ち上げること、継続することにも詳しいモリさんと行う少人数制レクチャーです。

 ライターという仕事に興味がある方、文章や写真を通して人に伝えることを学んでみたい方、まちのおもしろいことやものを発掘したいという方はぜひご参加ください。受講後もっと伝えたい!と思われたときには、ぜひぜひおとがわプロジェクトのプロモーション活動にもご協力ください。

 

カリキュラム
#01_ライターってどんな仕事
ものごとを伝えるレポーターの一種である、「ライター」と呼ばれる職業はどんな仕事なのでしょうか。ライターの仕事紹介を通じて、人に伝える働き方について理解を目指します。
#02_ライティング/撮影入門
ものごとを伝える上で必要な〈読む・見る〉情報の作成術。レポートに必要なライティングと撮影の入門テクニックを体験します。何を、誰に、どうやって伝えるのか。伝えるための準備を整えます。
#03_何のために伝えるのか
伝える知識を学んだ後は、自分は何のためにレポートするのかを考えてもらいます。レポーターとして、自分がやりたいこと、自分に求められること、社会に必要なことを認識することで、よりよい伝え方を考えてみましょう。

 

概 要
はじめてのライター・フォトテクニック講座
日 時:2017年1月16日[月] , 23日[月] , 30日[月]  19:00-21:00 (18:30開場)
料 金:一般 10,000円、学生 5,000円 (税込)
定 員:20人程度
対 象:18歳から59歳まで、全3回すべて参加できる方
会 場:グラスパークビル 2F (愛知県岡崎市連尺通3-7)
申込み:http://peatix.com/event/222492/ リンクより連絡先などの情報を登録し、お申し込みください。なお、参加費は受付時に徴収させていただきます。
主 催:岡崎まち育てセンター・りた
連絡先:[担当:久保田] Tel: 0564-83-9012, E-mail: info@otogawa.jp

 

講師略歴

mori_portrait
モリジュンヤ / inquire Inc. 代表取締役 / IDENTITY Inc. 共同創業者
横浜国立大学経済学部卒業後、2010年に『greenz.jp』編集部に参加。11年からフリーのライター、エディターとして『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わり、テクノロジー、ビジネス領域を中心に複数の媒体に寄稿。15年に「inquire」を設立。メディアブランドの構築、コンテンツ戦略の立案、プロジェクトやコミュニティ、人や組織の編集などを手がける。16年に地方におけるデジタルマーケティングを支援する「IDENTITY」を共同創業。NPO法人soar、NPO法人マチノコトの理事も務める。

浅野 翔(あさの かける)

浅野 翔(あさの かける)

1987年、兵庫県生まれ。名古屋を拠点に活動するデザインリサーチャー。「デザインリサーチによる社会包摂の実現」を理念に掲げ、福祉や伝統工芸など幅広い分野でデザイン活動を行っている。「未知の課題と可能性を拓く、デザインリサーチ手法」を掲げ、文脈の理解と物語の構築を通した、一貫性のある提案を行う。 2015年の岡崎デザインシャレットをきっかけに、『おとがわプロジェクト』に参加する。

こんな記事もみられています

DSC_2012-1000x390QURUWAアクション
アウトドアリビングをつくろう! - 本とお昼寝編 @りぶら東側ウッドデッキ&プロムナード
DSC_2048QURUWAアクション
11/23までりぶら前のプロムナードに広場が!「情報拠点」開設中
20171028_Q_395QURUWAアクション
この風景が、私たちの未来の暮らしになる。愛知県岡崎市の社会実験「めぐる、QURUWA」開催しました!