よりよいまちへの「引き継ぎ」とその「架け橋」を

0605_001
【終了しました!】アウトドアリビングな風景をつくろう!#02 - まちで集めるお昼ごはん編 @シビコ西広場

どんな様子だったかはこちらをどうぞ。
http://otogawa.jp/know/outdoorliving_20171223/

 

シビコからりぶら側へ出た広場をご存知ですか?

夏は木陰が気持ちよくて、冬は火を囲んだらほっとひと息できる場所。

 

IMG_1384
木陰があって、風が心地よい

 

この場所をいつもは通り過ぎてしまうだけ、なんてもったいない!

と、いうことで、この場所をみんなで集まって、火を囲みながら、ご飯を食べたり、話したりしたくなる広場にしてみようと思います。11月にりぶら前で読書をお昼寝をやってみた、「アウトドアリビングな風景をつくろう!」シリーズの第二弾です

 

近所には、テイクアウトできるカフェや品揃えの多いスーパー、地元に愛される和菓子屋さんなどお店がたくさんあります。

そこで、近くで気になるごはんやおかずなんかを買ってきて、ここでしか食べられないオリジナルのランチをつくってみませんか?

 

0609_001
まちで集めてつくるお昼ごはんのイメージ

 

みんなでごはんを食べながら「それどこで買ったの?」「今度行ってみよう!」「またこの広場にごはん食べに来ようかな」……なんて話が盛り上がるかもしれません。

 

一緒に「こんな広場あったらいいな」というイメージを形にしませんか?

 

◼︎ 概要

日程:12/23(土) 11:00–15:00 ※みんなでお昼ごはん食べるのは12時半スタートを考えてます
場所:シビコ西広場
定員:30名程度
参加料金:無料 (お昼ごはん代は各自に負担いただきます)
申込:こちらからお申し込みください
あったら持ってきてほしいもの:外で過ごすグッズ(ポータブルチェアなど)、暖をとれるもの(ブランケット、カイロなど)、ご飯を外で食べるのにあったらいいもの(マグカップなども歓迎)

*当日はお湯とお茶を用意しますので、その場でお湯を注いで温かいものも召し上がれます!

 

◼︎ 当日のタイムスケジュール

11:00 来た人から企画の説明・随時ごはんの買い出しスタート!
12:00 集合・ランチョンマットづくりWS
12:30 お昼ごはん会のはじまり
           シーンの撮影1「みんなでいただきます」
        お昼ごはんの自慢話/焚き火に集まって歓談など(自由交流)
14:00 シーンの撮影2「広場で楽しむ風景」・順次解散
15:00 完全終了

 

 

◼︎ 「アウトドアリビングな風景をつくろう!」シリーズについて

DSC_8011
第1回の様子。本を持ってきて読んだり、ハンモックで寝転がったり、来た人が思い思いに過ごしました。

 

10/28に実施した、まちの過ごし方、使いこなし方の社会実験「MeguruQuruwa」。

「あなたは、まちとどう過ごす?」をテーマに、いろんな人が思い思いのことをしている。そんな未来を思い描き、この日を過ごしました。

 

このまちで、将来ほしい暮らしをまだまだつくっていきたい。その想いから、公園や川、駐車場、道路といった公共空間で、「やってみたい」「楽しみたい」を実際にやってみます!

 

第1回の、りぶら前のプロムナード&ウッドデッキでの様子はこちら

shimosato

下里 杏奈(しもさと あんな)

1993年、愛知県岡崎市生まれ。ちょうど「QURUWA」にあたる乙川河川敷でジョギングをしたり、受験生時代にりぶらに通ったりなどをして育つ。東京の大学で建築を学び、卒業後「おとがわプロジェクト」に携わるため再び岡崎市へ戻る。親しみのある地元で、日々奮闘中。

こんな記事もみられています

殿橋にて殿橋にてかわまちづくり
『あたらしい「路上」のつくり方』に殿橋テラスが事例として紹介されました
20180321_258_1280x45120180321_258_1280x451かわまちづくり
プロジェクト開始から3年、今必要とされていることは。乙川リバーフロントフォーラム「動き出す、QURUWA」レポート
DSC_1359_切り抜きDSC_1359_切り抜きQURUWAアクション
「アウトドアリビングな風景をつくろう!」第5弾&第6弾@りぶら北側芝生広場レポート/ヨガに読書…、芝生の上ってこんなに楽しい!