エリアマップ

主要回遊動線「QURUWA(くるわ)」とは

広大な「おとがわリバーフロント地区」のうち、目的地となるコンテンツを集積し、「歩いて楽しく、自転車で回れて、車でも来やすいまち」を優先的に実現する主要回遊動線として、「デザイン会議」により提案されたのが「QURUWA」です。

「QURUWA」はどこを指しますか?

1:駅前エリア
2:セントラルアベニュー(仮称)エリア
3:旧東海道エリア
4:伊賀川エリア
5:乙川エリア

という個性的な5つのエリアをつなぐ、「Q」の字状の約3㎞の動線を指しています。「QURUWA」を1周することで、岡崎の歴史や文化、自然、営みなどが凝縮された魅力を垣間見ることができますが、現状それらをつなぐコンテンツが乏しい状態にあるため、エリアごとにそれぞれの魅力と回遊性を高めるための戦略をを立てていきます。

なぜ「QURUWA」なのですか?

かつての岡崎城の堀や石垣などで築かれた「曲輪/廓(くるわ)」と重なる部分も多いことから「くるわ」というネーミングが生まれました。動線が「Q」の字を描くことから、「QURUWA」と表記しています。岡崎に人が「来るわ、来るわ」という意味も込められています。

「QURUWA」を一周すると、河岸段丘の地形、江戸から近代の歴史的遺産、戦災復興後に形成された商業地区、まちなかを流れる大小の水辺、そして現在取り組んでいるまちづくりの変化の兆しなど、凝縮されたリバーフロント地区の魅力を味わうことができます。