山崎さん

#東京出身
#美大デザイン科卒業
#瀬戸で食器営業
#食に関心あり
#まちあるき好き
#自転車好き
#丁寧に暮らしたい

山崎 翔子さん

1988年、東京都江戸川区生まれ。食品会社の商品開発。愛知県瀬戸市の食器の企画販売会社で飲食店向け営業として勤務後、結婚を機に愛知県岡崎市へ。地元によく似た花火大会のある川辺に住み、歴史的にも上流から下流まで発酵醸造業が盛んだった土地に運命を感じています。

山崎さんが好きな岡崎

改】乙川沿い|DSC_0027
まちの紹介|乙川沿いの並木道

東岡崎駅で降りて、明大橋を通り、殿橋方向に進んで、岡崎城に入って行く道をよく歩きます。大抵は夜ですが、ライトアップされた七色の橋を横目に、静かな川沿いを歩いていると幻想的な気持ちと共に、なんだかほっとします。自分と川を遮るガードレールがなかったり、土手が低いせいで近くに感じるからでしょうか。昼間に歩く川沿いも、春は桜と菜の花が咲き乱れて、どれくらいシャッターを切ったかわかりません。あいちトリエンナーレの時に和舟に乗ったこと、殿橋テラスを中心にしたおとがワンダーランドなど、楽しいイベントの思い出もたくさんあります。 

20161116_w_013
まちの紹介|wagamama house

ここのリノベーションイベントに少しだけ参加したのがきっかけで、沢山の知り合いが出来ました。オーナーさんもその1人で、調味料や顔の見える生産者にこだわっていたり、ゴミがなるべく出ない工夫をしていたりと、あったらいいなが形になっている素敵なお店です。何より美味しい!!デリのお店とケーキ屋さんとが1つ屋根の下に入っていて、時々あるイベントもわくわくします。そして 、生き生きと働くママさんたちを見ていると、こんな働き方もあるぞ!と、いち女性として、将来に希望が持てて嬉しくなります。

一隆堂|DSC_0004 (1)
まちの紹介|一隆堂ビル/一隆堂喫茶室

移転する前からよく行っていて、空間も素敵だなと思っていました。伝統の手焼きせんべいと入りやすいカフェを足すなんて素敵な考え方だなぁと。手焼き煎餅はパッケージも可愛くて、よく手土産やお返しに利用させてもらっています。お店のメニューには、こだわりの生産者の方から仕入れた飲み物や、夏は天然氷の絶品かき氷(もちろんシロップやトッピングも手作り)冬は手作りあんこのぜんざいなどがあり、いつ行っても楽しめます。移転してからはさらにパワーアップして素敵な複合施設になっています。金曜の書道教室や、ジャズ喫茶に行って大人の夜時間も過ごしてみたいです。